ネットビジネス情報商材で賢い契約書の交わし方

今日のテーマはこれです。ネットビジネスで1ヶ月に300万円以上稼ぐ方法ステップ2

パートナー探し3

パートナーが見つかってから、必ずしなければならないことがあります。

これをしないと、あと後痛い目にある可能性が高くなります。絶対にやっておいてください。

必ずしなくてはならないこととは?

契約書を交わすこと。

パートナーさんとの業務委託契約書を交わしてください。

僕は今までにいろいろな方たちとパートナーを組んでネットビジネスをおこなってきました。

パートナーさんと組んでネットビジネスをやるうえで、困ることがいくつかあります。

納期が遅い。これはこまります。こちらも、商材がいつまでに出来上がると信じてそれに合わせて販売の準備をします。でも商材がいつまでたっても出来てこない。これが一番困ります。

契約書に、納期を記載してもらう。これはとても大事です。

それと、お金の分配です。お金のトラブルも多いかもしれません。あらかじめ契約書で支払日、分配率、支払い方法などを明記して、お互いに気持ち良い取引がしたいものです。

契約書は専門家の行政書士さんに頼んでもいいです。費用はだいたい3万円から5万円です。

頑張れば自分で書くこともできますが、ビジネス構築にエネルギーを注ぎたい場合は、専門家に任せます。

ただし、ネットビジネス初心者の方にとっては、いきない契約書作成に5万円の費用は負担が大きいです。

そこで、友人の行政書士さんに「ネットビジネス専用の業務委託契約書」のひな形を作ってもらいました。

このひな形を使えば、名前と日付と商品名を書き変えるだけで、パーフェクトな業務委託契約書が出来上がってしまいます。

この「ネットビジネス専用の業務委託契約書」のひな形を格安で販売します。興味ある方はお問い合せください。