ネットビジネス情報商材でバカ売れするパートナーの見つけ方2

今回のテーマは情報商材ビジネスでバカ売れするパートナーの見つけ方2のパートナー候補の口説き方です。

興味がある人が現れたので、アポをとってお会いしました。

まずこちらのプランの全体像をお話しします。それから、相手の方のニーズを確認します。

こちらは商材を制作してもらってそれを販売したい。相手の方は、商材はいずれ制作してもいいが、その前にセミナーを開催したいとのことでした。

セミナー開催は慣れていますので、まずはセミナーを開催することにしました。セミナーを3度開催した時点で、そのセミナーでお話ししてもらった内容を元に教材を作ることになりました。

今までに、何人かのネタを持っている人を説得してきましたが、「それだったら興味あります」と言っていただける伝え方があります。

それは、

「あなたの今までのノウハウを全て出した集大成になるものをDVDという形に残しませんか?」

これを言われたら、嬉しいですね。モチベーションが上がります。

たいていは「それだったら興味あるから、やりたい」と言っていだけます。

こんなふうにして、強力なパートナーを見つければ、自分が売れるネタを持っていなくてはネットビジネスをどんどん進めていくことができるんです。

自分がネタなんて持っていなくてはできます。これが、レバレッジを効かせたネットビジネスのやり方なんです。