億万長者の時間管理法 優先順位を決める

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕です。
今日のテーマはこれです。

こんにちは、小渕です。

今日も前回に引き続いて時間管理についてお話します。

【優先順位を決めるコツ】
僕は過去に、一時期ビジネスばかりやっていて、プライベートのことを全く何もしていなかった時期があります。

ビジネスを立ち上げるには、ある時期徹底しなければなりませんが、さすがにストレスが溜まりました。

いろいろと調べていくと人生を豊かにするには、バランスが大切だということがわかりました。人生の6分野って聞いたことがありますか?

6つの分野があってそれぞれが充実していると、人生も充実したものになるっていう話です。

6つの分野の中味は人それぞれ違っていてもいいと思います。極端な話、6つじゃなくても3つでも良いと思います。

僕の場合の分野は3つです。

ビジネス、プライベート、自己成長の3つです。

この3つの分野で、毎年の大きな目標を立てます。それを達成するために、日々の行動を管理していくという流れになります。

年間スケジュールになりますので、スケジュール表もオプションの年間表で管理します。

年間表で、絶対に外せないスケジュールを先に書きこみます。それから、あいているところを埋めていきます。

【朝の質問】
はりきって時間管理をしていると、実行項目リストがあふれんばかりに増えていきます。増えていって、それをこなせなくなってきます。

やりたいこと、やったほうが良いことを明確にして頭はスッキリしているようなのですが、実行項目をこなせないとストレスが溜まってきます。 あまりためないうちに、自分に質問をして優先順位の高いことや、自分にしかできない重要な仕事を見極めます。これをしないと、どれも重要に見えてしまいます。

具体的な質問は、例えば、

「自分にしかできない重要な仕事は何か?」
「人に任せられることは何か?」
「自分よりもっと上手にできることを誰に任せるか?」
「必ずいるはずの優秀な外注先をどこで見つけるか?」

ちょっと飛躍しましたが、こんな質問をして実行項目の優先順位をつけて自分にしかできない仕事を見極めます。

今日はここまでです。次回も、時間管理について書きます。

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕でした。

サブコンテンツ

ページの先頭へ