やり続けた理由とは?③ 負けず嫌い

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕です。
今日のテーマはこれです。

こんにちは、小渕です。

今日は、やり続けた理由の3番目、負けず嫌いについてです。

僕はよくこのような質問をいただきます。

「なぜ、小渕さんは成功したのですか?」

自分自身はまだ成功したと思っていないのですが、こういう質問をいただくと嬉しくて真剣に答えてしまいます。

答えはいくつかありますが、まず僕の元々持っていた資質と言うか性格ですが、負けず嫌いな性格だったから成果を出せたと思います。

僕は、1歳年上の兄がいる男2人兄弟です。1歳しか違わないので、よく比較されました。

「なんでお兄ちゃんはできるのに、おまえはできないんだ!」

これは正直言って辛かったです。学年では1歳しか違わないのですが、実際には2年近く離れています。

でも、こうしてことある事に比較されて悔しい思いをしたおかげで、「絶対に負けたくない」強く思うようになりました。

起業の立ち上げ時期には、この反骨精神のようなものからくるエネルギーが必要だと思っています。

起業の立ち上げ時期は大変です。一度にいろいろなことをやらなくてはなりません。

思いもよらないことが起きて対応しなくてはならない時もあります。

その厳しい時期を乗り切るには、やはりスタートダッシュのエネルギーが必要です。

これは、飛行機と同じです。離陸して安定する高度まで達するまでエネルギーの大半を使います。

僕の場合も同じでした。リストラされた時、辛かったですが、絶対に負けたくないと思い行動してきました。

次男だと比較されて反骨精神が身に付いて起業で成功しやすい、みたいな話になりましたが、誤解しないでください。

予断ですが、以前に偶然長男の方ばかりいたところでこの話をした時がありました。

その中の一人がこう言いました。「僕は長男だけど、親戚や近所の他の長男と比較されて悔しい思いをした」

これは勉強になりました。悔しい思いをして負けたくないと思う気持ちが大事なのかと思いました。

今日は、やり続けた理由の3番目の「負けず嫌いの性格」についてお話しました。

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕でした。

サブコンテンツ

ページの先頭へ