いつまでも、人生が変わらない人の共通点とは?

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕です。
今日のテーマはこれです。

こんにちは、小渕です。

金持ち父さんを読んで人生を変えたいと思っても、残念ながら人生を変えられない人たちがいます。しかも、たくさんいらっしゃいます。

まさにラットレースにはまっていて脱出できない状態です。

ではなぜ、その方たちはラットレースを脱出できないのでしょうか?

たくさんの方とお会いしてきて人生を変えられない人たちの共通点が見えてきました。今日は、人生を変えられない人たちの共通点のお話をします。

まず、人生を変えられない人は、飽きっぽいです。

『金持ち父さん 貧乏父さん』を読んだ直後は行動しますが、長続きしません。キャッシュフローゲームを2、3回やっただけで、すぐに飽きてしまいます。

投資で少し損をしただけで、すぐに投資をやめてしまいます。ビジネスで成果がでないからと、すぐに止めてしまいます。すぐにあきらめて止めてしまえば、人生を変えることができません。

それと、うまくいかないのを他人や環境のせいにします。

「このビジネスはダメだから、違うビジネスにしよう」とか「この投資はダメだから、違う投資をしよう」と言うように、環境を変えようとします。

確かに、環境を変えたほうがよい場合もあるにはあるのですが、たいていの場合、ビジネスや投資で必要なスキルや知識を身に付けるためにはある程度は環境を変えないで取り組む必要があります。

さらに、セルフイメージが低い人も人生を変えることができません。

セルフイメージとは、「自分も成功できる」と可能思考で考えることができるかどうかです。

頭では、「自分も人生を変えたい!」と思っていても、深いところで、「どうせ自分には無理だ」と思っています。これでは人生を変えることができません。

深いところでも、「自分も成功できる」と思うような工夫をすることが大事です。これについては、また別の機会で詳しくお話したいと思います。

今日は、金持ち父さんを読んでも、人生を変えることができない人の共通点についてお話しました。

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕でした。

サブコンテンツ

ページの先頭へ