普通のサラリーマンが金持ち父さんになれた、第一歩とは?

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕です。
今日のテーマはこれです。

こんにちは、小渕です。

今日は、意外と知られていない、金持ち父さんへの第一歩についてお話します。この第一歩を間違えると、大変なことになってしまいます。

金持ち父さんを読んで、何か行動しなくてはならないと思っている人が、まず興味を持つのが不動産投資だと思います。

これには理由があります。

金持ち父さんシリーズは全部で25種類出ていますが、読んだことがある人のほとんどが1冊目の『金持ち父さん 貧乏父さん』と2冊目の『キャッシュフロークワドラント』です。

この2冊の内容を思い出してみると、そこに書いてあるロバート・キヨサキさんの事例は、不動産投資の話が目立ちます。

なので、僕自身も最初は不動産投資に興味を持ちました。「家賃収入ってカッコイイなあ」と憧れて、不動産投資セミナーに参加していました。

ところが実際は、不動産投資をするほどの度胸も資金もなかったのでやりませんでした。

その後、出版された様々な金持ち父さんシリーズを読んでいて気づきました。ロバート・キヨサキさんも最初は不動産投資ではなかった、と。

まず、自分のビジネスを立ち上げて、そのビジネスから資金を作って、不動産投資しています。

最新刊の『金持ち父さんの21世紀のビジネス』でもはっきり言っていました。

ビジネス

ビジネスに再投資

不動産投資

この順番がラットレースを抜け出すための最強のプランです。僕は、この教え通りに実践してきてラットレースを脱出することができました。

今年は、いよいよ不動産投資をする時期に入ったので、数人の不動産投資家さんをメンターにして不動産投資について学んでいます。

でも、はじめはビジネスからやりました。現在3つのビジネスを持っていますが、この順番でやってきて本当によかったと思います。

これから不動産投資をするのに、数件は借金をしないで買えると思います。

はじめの第一歩を間違えなくて、行動し続ければ必ずラットレースは抜けられると思います。

あなたもぜひ、あなたに合った第一歩を見つけてください。

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕でした。

サブコンテンツ

ページの先頭へ