金持ち父さんを読んで、ますますラットレースにハマる人達とは?

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕です。
今日のテーマはこれです。

こんにちは、小渕です。

今日は、ますますラットレースにハマる人達についてお話します。ちょっと、ドキッとするタイトルですよね?

僕が「金持ち父さん 貧乏父さん」をはじめて読んでから、もう11年以上も経ちました。

その間に、たくさんの金持ち父さん系のイベントに参加してきて、たくさんの同じ目標を持った人たちと出会いました。

その方たちといろいろとお話してくる中で、おかしなことに気づきました。

そのおかしなこととは?

一部の人ですが、ラットレースを抜け出すために一所懸命に活動しているのにも関わらず、ますますラットレースにはまっているのです。

これにはビックリしました。何しろ本人もそのことに気づいていないからです。

では、僕がなぜそのことに気づいたのか?

ある人とお会いしてお話をした時に気づきました。僕はいくつか金持ち父さん系のホームページを運営しています。そのホームページを通して問い合わせをいただきました。

「ぜひ、しげぞうさんのお話が聞きたいです」

余談ですが、僕はハンドルネームをしげぞうと言います。しげぞうという名前で運営しているホームページがあります。

その方は、以前から僕のホームページをご覧になっていたようで、メールで連絡してきてくれました。あまりにも熱心な方でしたのでお会いすることにしました。

その方と会ってお話をうかがっていると、年齢は僕と同じだったのですが、大手企業に勤めていてそれなりに収入も頂いているとのことでした。

数年前に金持ち父さんを読んで影響を受けて、不動産投資を始めたそうです。そして、現在は、投資用の不動産を4つ所有しているそうです。4つとも区分所有(マンション)だそうです。

僕は、凄いなあ思って、

「4つは凄いですね!もう不労所得もたくさん入ってラットレースが抜けられますね?」と言いました。

すると意外な答えが・・・

「違うんです。聞いてください・・・」

よくよくお話を聞いていると、サラリーマンの収入と属性で融資が下りる限度額いっぱいの9000万円全てローンを組んで4つのマンションを手に入れた。

でも、毎月の支払いが多くプラスのキャッシュフローがほとんど手元に残らないとのことでした。

つまり、こういうことです。

4つの物件の家賃収入−4つの物件の支払い=2万円ぐらい

限度額いっぱいに融資を受けているので、5つ目の投資用の物件が買えない。このままだとラットレースが抜けられない。

だから、ビジネスでラットレースを抜けたしげぞうさんにビジネスの話が聞きたい

こういうことだったのです。

彼いわく、それぞれのローンの支払いが終わるのが、15年後です。支払いが終わるまでは、サラリーマンを辞められない。15年は働き続けなくてはならないようです。

ラットレースを抜け出そうと投資用の不動産を買い続けたけれど、気が付いてみたらますますラットレースにはまっていたということです。

彼の場合はまだ気づいたのでよかったです。これからビジネスに方向転換すれば何とかなるかもしれません。

今日は、ますますラットレースにハマる人達についてお話しましたが、何でも目的を明確にして、ブレないことが大事だと思います。

あなたの目的は、不動産投資をすることですか?それともラットレースを抜け出すことですか?このあたりをまず明確にしたほうがいいかもしれません。

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕でした。

サブコンテンツ

ページの先頭へ