フィリピンで伸びるフランチャイズとは?

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕です。
今日のテーマはこれです。

フィリピンに行ってきました8


フランチャイズ


マニラの街を車で移動していると、フランチャイズ店の看板があちこちに見られます。


海外にはいろいろと行きましたが、それぞれの国のパターンがあります。


マニラの場合、コンビニは圧倒的にミニストップが多いです。これは意外でした。続いて、セブンイレブンが目立ちます。


他のコンビニはほとんどありません。今年からファミリーマートが進出するそうです。年内に100店舗以上出す予定だそうです。


ファーストフードでは、やはりマクドナルドとケンタッキー。これはどこの国に行ってもあります。


フィリピン独自のファーストフードとしてよく見たのが、ジョリービー。見た感じはハンバーガーショップのようですが、フライドチキンとご飯のセットが定番だそうです。


フィリピン人の食文化に合わせたメニューになっているようです。このセットで75ペソ。だいたい日本円で180円ぐらいです。安い。


セブを案内してくれた現地の達人いわく、「イエローキャブ」という名前のピザフランチャイズがあって、「それを日本に持っていたら絶対に売れるほど美味しい」とのことでした。


帰りに空港での待ち時間があったので、イエローキャブなるピザを食べて見ることにしました。確かに美味しいです。14インチの巨大なピザがウリです。でも、お店の名前は変えたほうが良いと思います。


フィリピンでは空前のラーメンブームだそうです。


ところが、まだ美味しいラーメン屋さんはないそうです。来月、山頭火がオープンする予定です。有名ラーメン店がこれからどんどん進出してくるようです。


先日、新宿に行った時行きつけの煮干しラーメンのお店にいきました。店長さんと話をしていたら、「実はうちも・・・」ということで、来月マニラにお店をオープンするそうです。


僕個人的には、横浜家系ラーメンをフィリピンに持っていきたいと思います。どこかのフフランチャイズがやらなかったらやっちゃおうかな。


それと、ラーメンブームになるのであれば、製麺屋を作ってはどうだろうかと思いました。それぞれのお店のニーズに合わせた麺を提供すればいいですよね。


フィリピンではこれからバブルが起こる。間違いないと実感しています。


そう言えば、吉野家の牛丼を見ませんでした。これも流行ると思いますが。

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕でした。

サブコンテンツ

ページの先頭へ