起業するタイミングとは?

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕です。
今日のテーマはこれです。

こんにちは、小渕です。

今日は、起業するタイミングについてお話します。

経済的自由を目指そうとしている人と個別面談でお話していると、

「起業したいです」

という人たちが多いです。

自立して、自分の経済は自分で責任を取るということは素晴らしいことです。

でも、手段が目的になってしまっている方をたまに見かけます。

起業やビジネスは、あくまでも手段です。

手段ですから、何かの目的を達成させるための1つの方法です。

これは、例えば、乗り物と同じです。

どこか目的地に行くための乗り物です。手段はこの乗り物です。

自分の目標や目的を達成するために、ビジネスや起業をします。

さらに「将来の夢は?」と質問させていただくと、

「社長になることです」とか、「会社を作ることです」という答えが返ってくることがあります。

「で、どんな事業をされるのですか?」とお聞きすると、

「・・・・まだ、決まっていません」これは、手段が目的になってしまっている例です。

なぜ、手段が目的になってはいけないのか?

なぜなら、達成されても、嬉しくない、幸せを感じないからです。

例えば、旅行を考えるとわかりやすいです。

旅行の目的は、旅行先に行って楽しんで良い思い出を作ることです。

決して、飛行機に乗ることが目的ではありません。

起業するタイミングは、目的が明確になった時です。

金持ち父さんを読まれた方は、たいていは、「経済的自由を手に入れたい」とか「ラットレースを抜け出したい」というのが目的だと思います。

次に大事なのは、目的を達成するための手段選びです。

次回は、手段選びについてお話します。

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕でした。

サブコンテンツ

ページの先頭へ