失敗の恐怖を乗り越える

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕です。
今日のテーマはこれです。

こんにちは、小渕です。

行動できない3つの理由のうち一番目は、失敗の恐怖です。

たいていの人は、失敗を恐れて思い切った行動できません。

僕も失敗の恐れから、具体的な行動をすることから逃げていました。

ビジネスをスタートすることをはじめ、人前でお話することなどなど数え上げれば切りがありません。

この、失敗の恐怖を乗り越えないことには、目標達成に向けて前進ができません。

こういう言葉を聞いたことありますか?

『人間には2通りに分かれる。成功する人と失敗する人ではない。
成功も失敗もする人と、何もしない平凡な人に分かれる』

僕は、最初これを聞いた時「なるほど!」と思いました。

「そうか、失敗を避けて成功した人はいないんだ。成功の前には必ず失敗は付き物なんだ」って。この言葉は勇気が出ました。

金持ち父さんの中でロバートキヨサキさんもこう言っています。

『私は、誰よりも早くたくさん失敗をしている』

そして、こうも思いました。失敗をすると言うことは、自分の今持っている以上のことにチャレンジした証なんだ。

だからうまくいかなかったんだと。

自分の持っている以上のことに挑戦するってことは、冷静に考えてみると凄いことだと思います。

ほとんどの人が目標などの願望を持っているけど、それを達成するための具体的な行動をしないわけですから。

いろいろな言い訳を言って。

ということは、失敗の管理さえ上手にできれば、どんどん先に進めるはずです。

【失敗の管理】

成功する人は失敗もする。
失敗は挑戦した証拠。
とにかく早く行動してみる。
成功も失敗も行動の結果。
結果の原因を分析してみる。
違うアプローチをする。

PDCAサイクルとも呼ばれていますが、このサイクルを回すことによって目標達成に向けて確実に前進していくわけです。

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕でした。

サブコンテンツ

ページの先頭へ