タイ、アユタヤ不動産視察4

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕です。
今日のテーマはこれです。

タイ2日目です。


今日は朝から1日、
アユタヤの不動産物件の視察に
向かいます。


今回タイに来たのは、
アユタヤの物件視察がメインです。


朝の10時に現地のスタッフと
待ち合わせしています。


遅めに起きて、
朝ごはんを買いに行きます。


現地のスタッフの方には、
「屋台に挑戦してくださいね」
と言われていましたが、
さすがに無理でした。


バンコクの道を歩いていると、
歩道のいたるところに屋台が出ています。


同じ場所でも、朝、昼、夜と
時間帯が変わると違うお店が出ています。


朝は、フルーツや炒飯のお店が
目立ちます。

焼き鳥や何かの揚げ物もあります。


「これ、何ですか」と
聞いてみても、
まったく言葉が通じませんでした。


安くて美味しい。
タイ人の方たちはみなさん、
屋台で食事している。


1食、100円ぐらい。
とても興味ある。


でも、
サブウェイに行ってしまいました。
次回は必ず挑戦します。


10時に宿泊ホテルで
迎えの車が来ました。

時間通りです。


車は巨大なバンです。
トヨタ車です。


僕1人のために、
大きすぎる車です。


車の中に入って、
シートを数えると、
11人は乗れそうです。


本来なら数名以上で視察ツアーを
行うはずです。今回は特別に僕一人。


バンコクを出発して、
アユタヤに向かいます。


時間はだいたい1時間から1時間半との
ことです。


アユタヤまでの道のりで、
タイについていろいろとお話を
伺いました。


道のいたるところに
セブンイレブンがあります。


100mも離れていないのに
またセブンイレブン。


どうやら、タイのセブンイレブンは、
地域的な成約がないようです。


権利を買えば自分の出したいところに
出店していいようです。


タイのアユタヤ近くには
ロジャナ工業団地という地帯があって、

日系を含む様々な外資系企業の工場が
あります。


その工場で働く駐在の方たちが、
バンコクから毎日1時間から1時間半かけて
通っているそうです。


バンコク市内の渋滞はハンパじゃないです。
市内を抜けて高速に入るとスムーズです。


なぜ、毎日2時間から3時間もかけて
バンコクからアユタヤに通っているのか?


実は、アユタヤには外国人向けの
住居が無くて不足しているそうです。


そこで、アユタヤに、
外国人向け、特に日本人が住める住居用の
コンドミニアムを作ったら需要があるのでは
ということでスタートした案件です。


その物件を視察しに行きます。


車に乗ること1時間。
アユタヤの物件に到着しました。


タイ、アユタヤ視察はまだまだ続きます。

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕でした。

サブコンテンツ

ページの先頭へ