絶対に手を出してはいけない、儲け話とは?

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕です。
今日のテーマはこれです。

こんにちは、小渕です。

それにしてもこの世の中は、たくさんの儲け話があります。

こんな時代だからなのか、それとも『金持ち父さん業界(?)』にいるからなのかわかりませんが。

それで、今日は、金持ち父さんを目指す僕たちが、絶対にはまってはなら、うまい話についてお話します。

僕が金持ち父さんを読んで11年経ちましたが、金持ち父さんを読んでからというもの、本当にたくさんの儲け話がやってきました。

・株式投資
・新規公開株
・商品ファンド
・FX
・海外保険商品
・投資用不動産
・海外不動産
・ネットワークビジネス

その中で、僕がやってみたの、やらなかったものとありますが。そして、運用がうまくいったものもあれば、数万円もの損失を出したものもあります。

その経験からいくつかの教訓を学びました。

1.安い時に買う
2.向こうから来た情報は疑え
3.借金して投資はしない

あくまでも僕なりの教訓です。

株式投資でも不動産投資でも、成功している人はみなさん安い時に買っています。僕の場合、株式投資で数百万円の損失を出しましたが、値上がりしてから買っていました。

他人から来た情報が全て怪しいわけではありませんが、基本的に疑って調べたほうが自分を守れます。そのくらい、怪しい情報が溢れています。

僕の場合、そのような情報を他人が持ってきた時は、まず「その素晴らしい投資をあなたはやっていますか?」と質問します。

たいていは、なんだかんだ言い訳を言って、やっていません。これが怪しいんです。本当に素晴らしい投資、商品だったらまず自分がやっていますよね。

僕のまわりで、残念ながら投資で大きく失敗している人たちがいます。

投資で大きく失敗する人たちの特徴は、借金をして投資をしています。これは危険だと思います。

具体的には、不動産投資で空室になって支払いができずに持ち出して最後には自己破産。FXで大損などです。

金持ち父さんでは、「いい負債」という言葉で表現していますが、いい負債をコントロールするには素人ではむずかしい気がします。

今日は、金持ち父さんになる人が絶対に手を出してはいけないうまい話についてのお話をしました。

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕でした。

サブコンテンツ

ページの先頭へ