輸入物販ビジネスの参入障壁とは?

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕です。
今日のテーマはこれです。

輸入物販ビジネスにおける参入障壁は、
競合を参戦させずにビジネスを資産化するポイントになります。

では、参入障壁とは一体なんでしょうか?

まず、海外からの輸入そのものが
参入障壁になります。

なぜなら外国語での手続きになるからです。
この外国語の取引が面倒だから参入しない。

日本語でも楽々取引ができるシステムの中で
輸入や輸出をする。

そうすると、必然的にライバルが増えてしまいます。

例えば、日本から簡単にアクセスできる国や、仕入先サイトで
購入して・・・だと、やっぱりライバルは増えます。

普通だったらアクセスできない海外のサイトに
あの手この手でようやくアクセスして、購入しようとしたら
日本に発送していなかった。

現地の協力者をあの手この手で探して
交渉して手伝っていただく。
ようやく日本へ発送してもらう。

正直言って、面倒です。
手間がかかります。

でも、このように人があまりやらないこと。
人があまりやりたがらないところに、
実は参入の障壁が産まれるのです。


もう1つ、競合がいない市場を狙う。
これも資産化するための重要なポイントです。

儲かりそうな商品はあえて扱わない。
誰も見向きもしないような商材を発掘する。

もしかしたら利益があまり多くないかもしれなけれど、
ビジネス構築後にライバルが出現しなければ、
自分の労力や時間が報われて資産になりやすい。

これも資産化するポイントです。

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕でした。

サブコンテンツ

ページの先頭へ