輸入物販ビジネスを資産化する思考

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕です。
今日のテーマはこれです。

輸入ビジネスや輸出ビジネスが流行っています。
手軽に始められることが人気のようです。

以前のアフィリエイトのように、参入者が激増すると、
だんだん稼げなくなってきます。

競合と同じことをやっていれば当たり前の話です。

輸入物販ビジネスが成り立つポイントは、
海外に対しての価格差です。

例えば、いま流行っている、
世界中のamazonを活用して価格差を見つけて
輸入、輸出して転売をする。

または、
ヤフオク(日本)⇔ebay(アメリカ)
ヤフオク(日本)⇔タオバオ(中国)
ebay(アメリカ)⇔タオバオ(中国)

などで価格差を見つけて転売する。

正直言いまして、
これらの方法はよくありません。

なぜなら、すでに参入者が多いため
利益が圧迫されるているからです。

今から参入してもまず稼げないでしょう。
よほど他の人が気づかないような商品を
見つけなければ勝てません。

せっかく努力して作り上げたビジネスも
時間が経つにつれてどんどん稼げなくなる。

これでは資産とは言えませんし、
セミリタイヤするにも不安でしかたありません。

僕が取り組んでいる、輸入物販ビジネスは
そのような競合が増えると稼げなくなるような
仕組みではありません。

楽して、簡単に儲けられるビジネスではないですが、
コツコツ努力して作り上げた仕組みは長期にわたって
利益を運んできてくれます。

まさに輸入物販ビジネスを、不労所得を産み出す
資産にする方法です。

ポイントは参入障壁です。
この参入障壁が高ければ高いほど競合が
入ってきません。

そしてコツコツ作り上げるだけの価値があるのです。

 

 

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕でした。

サブコンテンツ

ページの先頭へ