輸入物販での利益の出し方とは!?

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕です。
今日のテーマはこれです。

昨日は為替についてお話しました。

やはり海外から輸入して日本で売る場合に
利益を出すには価格差がポイントになります。

しかし、2年前なら円高でしたので、
この価格差が出しやすかった。

ところが、最近は円安に進んでいます。
昨日も、1ドル=103円台。
もうすぐ、1ドル=104円に突入しそうな勢いです。

ユーロも、1ユーロ=137円でもうすぐ138円の
ユーロ高。


ポンドも、1ッポンド=171円とポンド高。

この為替レートですと、
なかなか価格差が出しにくい。

普通はそう思います。
現実も確かにそうです。

ここにポイントがあります。
誰もやりたがらない市場にチャンスがあります。

この状況で価格差があって、
ビジネスとしての利益を確保できる品物を見つける。

これがビジネスにつながります。

海外での仕入れ価格、送料、消費税、
関税、国内消費税、国内送料。

これらの経費をきちんと計算して、
利益が取れるものを見つける。


実は、もう1つ利益の出し方があります。

もう1つのポイントは価格差ではありません。
希少価値です。

日本で手に入らないモノ。
日本で手に入りにくいモノ。
このような品物を扱います。

日本では手に入らないモノで、
でも、日本の人が欲しがっているモノを
見つけられれば、ビジネスになります。

日本で手に入りにくいモノを
代わりに日本に輸入してあげる。

欲しい人にとってみたら、
日本に居ながらにしてレアの欲しい商品が手に入る。

外国語を使わなくても、
海外のわけのわからないサイトに
クレジットカードの情報を入力しなくても
欲しい商品が手に入るのです。

その手間賃というか手数料が
私たちの利益となります。

この場合、いかに希少価値があるモノを
見つけられるかがポイントになります。

現在、1つ見つけて実験していますが、
これが面白い。

1商品あたり、
1500円から2500円の利益を出しています。

今後はまとめて購入して安く仕入れたり、
効率よく販売すれば利益を3000円から4000円に
することも可能です。

このあたりの具体的な情報はまた後日報告します。

 

 

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕でした。

サブコンテンツ

ページの先頭へ