なぜ、いま輸入物販ビジネスなのか!?

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕です。
今日のテーマはこれです。

情報ビジネスプロデューサー養成スクールと並行して
輸入物販ビジネスについてお話していきたいと思います。

これから輸入物販ビジネスについて
どんなお話をしていくのか。

1.輸入物販ビジネスとは?
2.なぜ利益が出るのか?
3.輸入を始めたきっかけとは?
4.海外で購入する方法とは?
5.輸入物販で資産を作る
6.実際の輸入物販ビジネス例

主にこんな内容になっていくかと思います。

今日は、1.輸入物販ビジネスとは?
ついてお話してきます。


1.輸入物販ビジネスとは?

輸入ビジネスは、海外と日本の価格差を
上手に活用して輸入する手間賃を頂くビジネスです。

為替が円高になると輸入が良いと言います。
海外のモノがより安く買えるのです。

ただ例外はあります。

例えば、有名なブランドのルイ・ヴィトンは、
世界中での価格差がなくなるように調整しています。

海外のヴィトンショップに行っても、
さほど日本と変わらない価格です。

実は今は輸入ビジネスは厳しいです。
なぜなら円安だからです。

円高だった2年前ぐらいはかなり利益が出たようです。

残念ながら僕はその頃はビジネスとしては
取り組んでいませんでした。

趣味程度に自分の使うモノだけを個人輸入していたくらいです。


2年前の為替は、

1ドル=80円
1ユーロ=100円
1ポンド=120円

現在の為替は、

1ドル=102円
1ユーロ=137円
1ポンド=171円

とかなり円安となっています。


このような為替ですと、
輸入ではなくて輸出のほうがいいのではと
輸出ビジネスに転向する人が多いのです。

そうすると、実は輸入ビジネスをやっている
競合が減るわけです。

このような円安の状況でいかに
価格差によって利益を確保できる商材を見つけるか?

このあたりがポイントになっていきます。
そして参入障壁になるのです。

参入障壁が大きければ大きいほど、
競合が入ってきにくくなります。

競合が入りづらければ、自分が構築したビジネスが
長期に渡って利益を産み出し続けるのです。

難しいかもしれなけれど、やりがいがある
そんな感じのビジネスです。

(※実は、輸入もやりつつ
輸出ビジネスの可能性も探っています(笑)


明日は、2.なぜ利益が出るのか?
についてお話していきます。

 

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕でした。

サブコンテンツ

ページの先頭へ