メンターを見つける方法

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕です。
今日のテーマはこれです。

僕は元々はEクワドラントでサラリーマンだったので、
まわりにメンターと呼べる人が一人もいませんでした。

ところが、右側のクワドラントを目指して行動していると、
必然的にかメンターとの出会いがありました。

不思議ですが、メンターは僕が必要としている時に
目の前に現れます。

本当にありがたいことです。

僕がやってきたビジネスや投資それぞれの分野では
超有名な人がメンターとなってくれました。

だから、普通のサラリーマンだった僕でも
短期間でラットレースを脱出できたのだと思います。

素晴らしいメンターの教えがなかったら
未だにラットレースをぐるぐる回りながら安月給で
愚痴をこぼしながら満員電車に乗っていたと思います。

ラットレースを脱出しようと思った時に必ずメンターは必要です。
これは例えれば一流のスポーツ選手と同じです。

彼ら一流のスポーツ選手は優秀なコーチをつけます。
優秀なコーチ=優秀なメンターなのです。

右側クワドラントに行くためには最高のコーチが必要なのです。
もしあなたの周りにメンターになってくれるような人がいなければ
ぜひ、メンターになってくれる人を見つけてください。

自分1人で思考錯誤してもラットレースを脱出することはできると
思います。でもそれでは時間がかかります。

人生は周り見つしているほど時間が長くない。
ショートカットするためにはメンターが必要なのです。


■メンターとは何か?
メンターと言うと、師匠と思っている人がいます。
僕も以前はそう思っていました。

ところが、あるメンターから言われました。

「メンターは、先に進んでいるだけで同じ立場です」
「いずれ、あなたのほうが先を進むかもしれない」

そのメンターは僕をパートナーと呼んでくれました。
師匠と弟子の関係ではないと。

お互いのために同じプロジェクトを全力で進める。
そんなパートナーだと。
これはモチベーションが上がりました。


■メンターを見つけるコツとは?

僕にはメンターが4名います。
ビジネスや投資、いろいろとやっていますので、
それぞれの分野にメンターがいます。

彼らはそれぞれの分野でトップクラスの実績です。
名前を出せば知っている人も多い方達です。

僕のような凡人がどうしたら彼らのような
素晴らしいメンターに出会えたのか?

僕がやってきたことはシンプルです。
以下の4つのステップです。


1.本気で取り組むモノを選ぶ
2.積極的に外に出て勉強する
3.実践し続ける
4.誰にでも誠実に接する姿勢


この4つです。

これら4つをステップごとにきちんと
こなしていく中で僕はメンターとの出会いがありました。

特に重要なのは、積極的に外に出ることと、
誠実に接することです。

メンターからみて、助けたい人物になっているか?
これはとても重要です。

これは自分がメンターだとして考えるとわかります。
やっぱり、一所懸命にあきらめず頑張っている人、
自分のためだけではなくて周りの人の幸せも考えて
行動している人は応援したくなります。


次回は、僕のメンターの一人、
ネットビジネス大富豪の最強戦略についてお話します。

 

 

 

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕でした。

サブコンテンツ

ページの先頭へ