究極のツールで毎月30万円前後のキャッシュフロー

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕です。
今日のテーマはこれです。

クライアントOさん(元プログラマー)の場合


クライアントOさんは元プログラマーです。
大手のメーカーのプログラマーさんでした。


僕のセミナーに参加されたことがきっかけで、
個人面談を受けていただきました。


ビジネスに興味があるとのことでしたので、
情報ビジネスを提案しました。


ご本人も情報ビジネスに興味を持っていて
話が弾みましたが、最初は自身の職種から
離れた可能性を探っていました。


Oさんのバックボーンを伺いながら、
どんなテーマが良いのか模索しました。


そして、ピントきました。

このピントくるって言うのが大切です。


ビジネスにおけるキャッシュポイントを見つける
瞬間です。


直感的なのか本能なのか、
あっこれ良いかもと思える瞬間があります。


僕の提案はこうです。


プログラマーさんでしたら、
マーケティングに使うツールソフトを開発して
それを売りましょう。


Hさんの時と似ているのですが、
さらに最強のツールを産み出すべくアイデアが
ありました。


そのアイデアを詳しくOさんに説明して
ツール開発を提案しました。


Oさんは、その可能性を理解してくれて
さっそくやってみようと言うことになりました。


面談の初期では、お互いに思いもよらない
テーマを始めることになりました。


最強のツールを越える、
究極のツールの開発。


さすがに、数ヶ月かかりました。」
が、実際に発売してみるとかなり売れました。


僕自身もマーケティングに使いまいた。


その後知り合いの営業コンサルをやっている
友人から聞いたのですが、


ネットでマーケティングを仕掛けている
一部の人たちには有名なツールになっていた
そうです。


毎月安定して、30万円前後を売り上げていました。
その後は媒体自体に勢いが無くなったので
販売を終了しました。


ただ、いまだにユーザーの中には
根強いファンがいて、サポートについての
お問い合せをいただきます。


本当にやって良かったと思える
案件でした。


当初、本人が想像すらできなかったテーマで

大成功できたのは、


個人面談で丁寧にヒアリングしながら

ご本人の強みを徹底的に引き出して

最大限レバレッチの効くカタチで商材を開発できた

からだと思います。


その他の面白いビジネスアイデアはこちらに公開しています

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕でした。

サブコンテンツ

ページの先頭へ