売れるネタがなくても情報ビジネスはできる?!

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕です。
今日のテーマはこれです。

クライアントE(30代男性 会社員)さんの場合


Eさんの場合は、ご本人が売れるノウハウを
お持ちでありませんでした。


売れるネタがないと、
本当に自分にも情報ビジネスができるだろうか?

と不安になったりします。


でも安心してください。


自分自身、売れるネタを持っていなくても
情報ビジネスはできます。


実際に僕は、最近そのパターンばかりで
情報ビジネスを作っています。


Eさんの場合も同じです。


むしろそのほうがSクワドラントでなく
Bクワドラント的で面白いこともあります。


僕のインターネットビジネスセミナーでは
詳しく解説していますが、


情報ビジネスで、売るネタを
自分が持っているパターンと
自分が持っていないパターンとで、


どっちが良い悪いはありません。

それぞれにメリット、デメリットがあるのです。


Eさんの場合、
自分がネタを持っていないパターンです。


ですから、参入する市場は選べます。
どうせだったらより多くの人が興味を持つ
テーマが良いわけです。


そのあたりテーマ選びも
僕のインターネットビジネスセミナーで
詳しく解説しています。


どの市場を狙うか?


Eさんと綿密に計画を立ててから
ビジネスをスタートしました、


市場が決まったら、その分野で
売れるネタを持っている協力者を探します。


協力者が見つかるまでは、
わりと大変です。断られたりしますので。


最初の壁です。


根気良くたくさんの人にアプローチしていくと
必然的にか、相手もこちらを必要としている人との
出会いがありました。


それから商材を開発して、
売るための仕組みを作って
販売開始です。


販売開始まで、期間がかかりましたが、
発売からわずか3ヵ月で1000万円以上を
売り上げました。


その後も安定して月々数十万円を売り上げています。


自分に売れるネタがなくても
情報ビジネスはできる。


それを立証した事例です。


金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕でした。

サブコンテンツ

ページの先頭へ