キャッシュフローゲーム101

キャッシュフローゲームとは

キャッシュフローゲームとは、ロバート・キヨサキ著の「金持ち父さん 貧乏父さん」の中で紹介されているボードゲームです。モノポリーや人生ゲームのように、サイコロを振って出た目の数だけ進んでいくタイプのボードゲームです。

お金に関する正しい知識と投資についての基礎知識が、ゲーム感覚で楽しみながら体験を通して学ぶ身に付くので人気があります。無理に勉強をして詰め込むのではなく、自然と身に付いていくので、無理がなく続けられて効果的です。

キャッシュフローゲームの種類は、初級者から中級者向けの通常のタイプがキャッシュフロー101、上級者向けのキャッシュフロー202、子供さん向けのキャッシュフローフォーキッズと3つあります。さらに、英語版というものもありますので、同時に英語を学びたい方にはよいかもしれませんね。

キャッシュフロー101とは

筑摩書房が2000年12月に発行し130万部の大ベストセラーとなった「金持ち父さん  貧乏父さん」の中で登場する、著者のロバート・キヨサキ氏が考案したボードゲームです。このゲームはただ単に楽しく遊ぶだけのゲームではありません。

『会社や税金のためだけに働く毎日から抜け出すためにはどうすればいいのか』、つまり『お金の為に働かずにお金を働かせる為にはどうしたらよいか』をゲームをしながら楽しく学べる、お金に関する教育用のボードゲームなのです。金持ちになるための考えかたが自然に身につくともに、会計、金融、投資についても理解が深まります。(2~6人用)

キャッシュフロー101のゲーム流れ

プレイヤーは始め、「ラットレース」と呼ばれる円をまわります。これは「給料のために懸命に働く人たちの生活」 を表しており、プレイヤーはこの「ラットレース」を まわりながら、株や不動産、ビジネスなどの投資を行います。

投資からの不労所得(パッシブインカム)が月の生活費を上まわったら、働かなくても生活できる「金持ち」として 「ファーストトラック(高速車線)」に移ることがき ます。あらかじめ選んだでおいた「夢」に止まって購入するか、規模の大きな投資で さらに5万ドル以上の不労所得(パッシブインカム)集めると「ゴール」です。

「キャッシュフロー101」で学べること

・ファイナンシャルIQを速く簡単に高める方法
・金持ちがお金について日々考えている事
・給料が少なくても金持ちになり経済的自由を手に入れる方法
・資産がお金を生み、そのお金が自分の為に働いてくれる方法

キャッシュフローゲーム101(日本語版)の詳細は、こちらをクリックしてください。