キャッシュフローゲームって運ですか?

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕です。
今日のテーマはこれです。

先日、開催したキャッシュフローゲーム会で、参加者の方からこのような質問をいただきました。

「キャッシュフローゲームって運ですよね?」

そう思うのもよくわかります。

なぜなら、僕も最初そう思っていました。

ようは、スゴロクですよね。

サイコロの目に全てがかかっている。

何が出るかによって止まるマスも変わります。

職業もそうです。

12種類の職業がありますが、所得の低いビルの管理人が一番ラットレースが抜けやすくて、医師が一番抜けにくい。

サイコロの目と職業によって、決まってしまう。

これは運です。

そう思っていました。

ところが、違いました。

運をコントロールする方法があったのです。

これに気づいた時にはびっくりしました。

なぜなら、運をコントロールできるということは、限りなく早くラットレースを抜けることができるからです。

ラットレースを脱出するスピードは、運が良くて1時間前後で通常は1時間半から2時間くらいかかります。運任せだとそうです。

これが、運をコントロールすると30分から40分で上がる事ができます。

運をコントロールすることにとても価値があります。

なぜなら、この運をコントロールすることは、実社会で成功するためにも必要なスキルだからです。

特に、BクワドラントやIクワドラントで成功するためには必ず必要なスキルだからです。

キャッシュフローゲームの本当の価値は、この運をコントロールことに気づいて、そのスキルに気づいてスキルを身に付けることだと思います。

運をコントロールする方法が学べるキャッシュフローゲーム会はこちら

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕でした。

サブコンテンツ

ページの先頭へ