ビジネスの正体は?

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕です。
今日のテーマはこれです。

これを理解すれば、ビジネスを立ち上げるときに方向を間違いません。

ビジネスとはずばり、組織化の対価だそうです。

つまり、何か製品やサービスを提供させるために必要な資源を組織化することに対して、報酬が得られるというものです。

わかりやすくお話します。

例えばインターネットで何かを販売しようとします。

まず何を販売するか計画を立てます。

売るモノは、より多くの人たちが必要としているモノがいいでしょう。

何が売れそうなのか市場調査をします。リサーチとか言いますね。

次に、よく売れそうなモノを提供している人を見つけて交渉します。

交渉するときのポイントは、売るモノを提供してくれる人も得してこちらも得する条件を提示します。

交渉が成立したら、売るモノを商材にしてもらいます。

商材ができたら、売るためのホームページを作ります。

もし、自分でホームページを作れない場合も大丈夫です。

ビジネスを立ち上げるには組織化がキーワードですから、ホームページを作れる人を見つけてお願いすればいいのです。

もちろん費用はかかりますが、自分でホームページの作り方を勉強するよりも早いです。時間をお金で買うことになります。

売るためのホームページができたら、こんどは販売を開始します。

インターネットで商材を販売するには、無料でできる広告と有料の広告があります。

無料からはじめて、売れ行きを見ながら有料広告を追加していくといいでしょう。

売る事を専門としているアフィリエイターさんたちの力を借りれば、コストもかからず売れた時にだけ手数料を支払うのでこちら側のリスクは減らすことができます。

決済システムも独自に開発すると多額の費用がかかりますが、すでに出来上がってる決済代行サイトのサービスを使用すればコストを下げることができます。

このようにしてインターネットビジネスを立ち上げれば、自分の資源を一つも使わずにビジネスを立ち上げる事ができます。

実際にこの方法で僕は、インターネットビジネスをいくつも立ち上げます。

このあたりは面白いお話なのでいずれ詳しくお話していきます。

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕でした。

サブコンテンツ

ページの先頭へ