1月1日にやるべき2つの事

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕です。
今日のテーマはこれです。

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。



もう、今年の目標は立てましたか?



『1年の計は元旦にあり』



亡き父親が、元旦になると
よく口にしていた言葉です。



元旦には家族全員でおせち料理を食べながら
一人ひとり今年の目標を発表させられました。



子供の頃に毎年していたことを、
大人になった今でもやっています。



元旦は、年が改まり、
「今年こそは」と
とてもモチベーションが上がっています。



この時期に、1年を通して
取り組むことを決めるのが大好きです。



成功の9ステップで有名はジェームス・スキナーも
最新の目標設定、時間管理でこう言っています。



「目標は1年単位で考える。」
「1年に1つか2つの事しかできない。」



何か事を成し遂げるには、
集中が大事ということです。



今まで元旦に目標設定をしてきて
ある問題に気づきました。



それは、1年前を思いだすと
気づきます。



そうです。
1年前に立てた素晴らしい目標が
すべて達成していない。



部分的には達成していますが、
全ては達成していないのです。
これは大問題です。



そこで僕は、
元旦には目標設定と同時に
去年1年間の見直しをします。



見直しは、例えば、
「なぜ、目標が達成しなかったのか?」
「立てた目標にやりがいがあったか?」
などなどです。



僕の場合、
2013年目標は、



ビジネス、家族、趣味の
3つの分野に分けて
それぞれ1つずつ立てました。



・既存のビジネス3つを拡大して、
年収1億円まで引き上げます。
・海外旅行を家族と4回行く予定です。
・趣味は・・・またの機会に(笑)



見直しでは、一番の原因は
やはり集中していなかったことです。
集中するために目標を絞りました。



明日からまた記事の更新やっていきます。
よろしくお願いします。


金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲーム情報サイトの小渕でした。

サブコンテンツ

ページの先頭へ